クレジットで支払い

オーストラリアのビザ申請はクレジットカードで支払い


日本人であるということは、海外旅行をするうえで非常に便利なものです。
日本人であることによって、入国審査が大幅に簡略化されるメリットがあります。
日本国のパスポートは、きわめて偽造が難しい、世界からすると信頼度の高いパスポート。
そんなパスポートをもって入国すると、審査も形式的なものだけで簡単に通過できるようになります。
その横で、厳しい質問を受けている外国人の方を見ますと、日本人であることのメリットを感じます。

しかしそれは、あくまでも観光で入国をする場合。
長期間外国に滞在をする場合には、ビザが必要となります。
留学のため、長期出張のため、興行のためなど、様々な目的はありますが、いずれにせよビザ申請はしなければなりません。
そのビザ申請ですが、一般的には日本にある各国の大使館や領事館で行うこととなっております。

ちなみにオーストラリアの場合ですが、こちらの場合もビザ申請をしなければなりません。
申請用紙は、大使館のホームページからダウンロードすることが可能ですが、別途ソフトウェアをダウンロードしなければなりません。

ビザ申請をするとき、日本人であれば日本にあるオーストラリア大使館に送れば間違いないだろう、と思っていませんか。
実はそれは間違いです。
実は、韓国のソウルにあるオーストラリア大使館で審査が行われるケースが多いのです。
特に、永住ビザや訪問ビザ、学生ビザに一時居住ビザといったビザに関して、韓国のオーストラリア大使館で審査されることが多いのです。
そのため、申請書類などは、日本のオーストラリア大使館ではなく、韓国のオーストラリア大使館へ送ったほうが、審査が迅速に行われます。
国際郵便などを使って申込みをすることをおすすめします。

ビザ申請というのは、ただで行うことが出来ません。
申請の際には手数料を支払わなければならないのですが、基本的に申請料金の支払いは、クレジットカードのみ対応となります。
クレジットカードを持っていないという場合、必ずしも本人のクレジットカードである必要はありません。
家族や知り合いに借りるのは気が引けるという方は、クレジットカード以外の支払いも可能です。
その際には、郵便為替を利用します。
郵便為替で申請料金相当の金額と、後は申請書類も一緒に東京にあるオーストラリア大使館に郵送するのです。
ちなみに、この後これらの書類はやはりソウルに郵送されます。
そのため、審査には時間がかかります。

最近の投稿

Copyright© 2014ビザ申請の料金は渡航の目的よって違う All Rights Reserved.