有効期限について

ビザ申請後の有効期限について


海外旅行に行く際に必要なパスポートには有効期限がありますが、ビザにおいても同じことが言えます。ビザは原則として1回の入国に限り有効となりその期間は、ビザ申請を行い発行された翌日から起算して3か月間の間となっています。このため入国するのでしたら発行された3か月以内に行う必要があります。
海外に渡航する目的によって有効の期間が違ってきます。海外出張などのビジネス目的の場合は何度かビザが発行されることがあり、有効な期間が1年から5年間はあります。したがってこの期間内に何度でも海外渡航が可能になります。
ビザの有効期限とは渡航する国に入国するためにそのビザを利用することが出来る最終日となります。これは滞在期間を示すものとは違うので、入国滞在中に期限が切れる場合でも、入国した時点で有効であれば認可された期間で滞在が可能になります。ビザは入国から30日以内は有効であるという条件が課されます。
ビザの有効期間を延長することも可能で、短期観光ビザで入国をした場合国によって当該ビザの一定期間の有効期間を延長できます。期間の延長が認められるビザの場合でしたら、その国の首都や都市にある入国管理局でビザ申請を行えば、発行された時に許可された滞在期間とほぼ同じくらいの期間延長が許可されます。
一定期間の延長が認められない国もあり、その場合は滞在期間を過ぎて一旦出国し、再びその国に入国を行いビザ申請をする方法があります。海外から日本に帰国するまでもなく隣国に移動するなどで再び入国先からの滞在許可をとることが出来ます。ビザを免除している国の場合は3か月以内の滞在というように一定期間が設けられている場合がありますが、滞在期間を超えてしまうと罰金が科されたり国外退去処分になることがあるので注意が必要です。
ビザの有効期限は入国・滞在する国によって違ってきます。それはビザ申請が渡航する国によって方法が違うことから、それぞれに許可された滞在有効期間も違ってくるので、渡航先によってはビザが必要であるかを事前に確認する必要があります。ビザ申請を行うのでしたら、その申請方法と同時に有効期間の確認も合わせて行うと良いでしょう。詳細を調べるためにはインターネットの検索でそれぞれの国のビザ申請の方法がアップされたホームページが検索されるので参考にチェックするか、各種旅行会社に問い合わせを行うことで、それぞれの国においてのビザ申請の詳細が分かるようになります。

最近の投稿

Copyright© 2014ビザ申請の料金は渡航の目的よって違う All Rights Reserved.