最近の投稿

書類の準備

ビザ申請に必要な戸籍謄本などの書類の準備の仕方


ビザは他国に住むための資格を与えられるものであり、その国に住まなくてはならない方にとっては非常に重要なものです。特に日本人がビザ申請する一番の理由としては外国籍の人との結婚によるものではないでしょうか。
国際結婚のときに一番手間取ると言ってもいいくらい面倒なイメージのあるビザ申請。きっとお金だけでなく用意する書類などがかなり多くひとつでも足りないとまた再び出向く必要があることなどが面倒な理由でしょう。
ビザ申請を行うには、やはりまず入念に下調べをする必要があります。これを適当にしてしまうと再申請になり二度手間、三度手間になることもあるので気をつけましょう。基本的には入国管理局のサイトをチェックします。しかし、入国管理局には基本的な書類の記述しかありません。申請書や写真、結婚証明書、スナップ写真、戸籍謄本、住民票、住民税課税証明書や納税証明書などなどがズラズラと書いてあります。これらは必要最小限のものであり、本当にこれだけのものでスムーズに申請の許可がおりることはほとんどないでしょう。つまり、その人によって用意する書類もだいぶ変わってきます。結婚相手の国によってもまったく変わってくることもあります。
これは正直、すべて正確に最初から用意できないと思っていたほうが良いくらいかもしれません。管理局が提示しているビザ申請の必要書類は大本となる基本的な書類で、その書類をさらに確実なものにする証拠をなる書類が必要なのです。
たとえば在職証明書。これはこの証明書だけでなく、本当にその会社があるのかの証拠となる書類を出すケースもあります。結婚する配偶者の会社がきちんと存在するのか、というところを見るわけです。
あらゆるケースを想定して用意できればいいですが、その2人にとっては必要ではないものかもしれません。すべてを用意するとなるとかなりの負担が体にも財布にもかかってきます。
ビザ申請をするときにはやはり自ら下調べをする必要がありますが、やはりある程度経験者やプロに頼ることも必要です。まずはある程度の流れを知っておき、自分でできるところ、人に任せるところを明確にしておきましょう。お金は少しかかりますがビザ申請を代行してくれる会社もあります。戸籍謄本などは自分で取りに行く必要がありますが、申請にかかる面倒を請け負ってくれるので心の負担がかなり少なくなります。少しでもスムーズに申請が運ぶために、一度相談してみてはいかがでしょうか。

最近の投稿

Copyright© 2014ビザ申請の料金は渡航の目的よって違う All Rights Reserved.